第三方帐号登录

第三方帐号登录

使用邮箱登录

找回密码

全站搜索 传播新资讯,发掘源创意!

3D打印Eagle 通过 3D 打印技术还原经典跑车“ Jaguar E-type”

2020-08-26  3500

1961年至1975年,英国豪华跑车制造商Jaguar出售Jaguar E-type Jaguar跑车。这家定制的E型恢复制造商Eagle与英国3D打印服务提供商Graphite Additive Manufacturing Ltd.(Graphite)合作,恢复了E型恢复模型“ Eagle Jaguar E-Type”。 3D打印技术用于制造建筑所需的定制零件。

英国の高級スポーツカーメーカー ジャガー(Jaguar)が1961年から1975年にかけて販売されたジャガーのスポーツカー Eタイプ(Jaguar E-type)。このEタイプの復元を専門とするカスタムメーカー Eagle は、英国に拠点を置く3Dプリントサービスプロバイダ― Graphite Additive Manufacturing Ltd.(以下 グラファイト)と提携して、Eタイプの復元モデル「Eagle Jaguar E-Type」の構築に必要なオーダーメイド部品製造に3Dプリント技術を活用している。

鹰(Eagle)成立于1984年,专门从事Jaguar E型的修复工作,这是一款老式跑车,从1961年到1975年生产。它不仅提高了整车的质量,还使汽车达到了现代质量标准。

1984年に設立された Eagle は、1961年から1975年に生産されていたビンテージスポーツカーであるジャガーEタイプの復元に特化しており、単なるレストアではなく、同車を現代の品質基準にまで引き上げることを目的としている。

Eagle已经使用HP在Graphite拥有的3D打印系统“ HP Jet Fusion 4200”中的专业知识来生产单件或小零件,例如空调的风道。这显着减少了车辆维修过程所需的时间。

Eagleは、4年程前からグラファイトが所有するHPの3Dプリントシステム「HP Jet Fusion 4200」と同車の専門知識を活用して、エアコン用のエアダクトなどの単品または小ロットの部品を製造しており、車両の修復プロセスに掛かる時間を大幅に短縮している。

自从Eagle开始使用3D打印技术制造零件以来,就有可能为每个客户提供定制的高质量零件,从而提高了生产率。

Eagleは、3Dプリント技術を使用した部品製造を開始して以来、顧客毎に応じたカスタムメイドの高品質部品の提供が可能となり、生産性が向上。

E型Eagle在常规生产过程中需要大约4,000小时,每年生产约4至5个单元,并且该模型的各种变体中的每一个所需的零件都不同。需要零件采购。该公司能够使用3D打印解决方案采购少量定制零件,从而大大缩短了交货时间并降低了成本。

従来の生産プロセスにおいて約4,000時間を要する Eagle のEタイプは、年間4~5台程度の生産数で、様々なバリエーションのモデルで個々に必要な部品が異なり、時には年に1個という極少量での部品調達が必要となる。同社は、3Dプリントソリューションを利用することで少量の特注部品調達が可能となり、リードタイムの大幅な短縮とコスト削減を実現している。

文章来源:idarts



诚邀设计同行分享干货、文章、报告等
投稿请发邮件 leo@gewuer.com
新闻报道及人物专访 13153262
0   1931

文章评论(0)

发 表